日常生活の習慣を要チェック

予防こそが対策?シミとはどのようなものか

気になるお肌のトラブルといえば、シミ、シワ、ニキビなどがあげられます。特に、シミは加齢と共に増えやすいともいわれますが、大きな要因は紫外線を浴びることによる肌への刺激です。
シミは、もともと肌を守るための成分であったメラニンが、紫外線などの刺激によって活性化し、過剰になってしまうことで起こります。肌の新陳代謝である正常なターンオーバーが追いつかず、肌に色素沈着してしまったものです。このため、一度生じてしまうと取り除くのは容易でなく、シミをとるより、まずは防ぐ工夫をすることが大事になります。また、老化に伴いシミが出やすいのは、細胞を傷める活性酸素が増えてくるためで、シミ対策は加齢対策ともいえるでしょう。
具体的な対策としては、日常生活の習慣を見直すことが大切です。

シミ対策の生活習慣とは

シミが出来るのは、肌への過剰な刺激が原因となります。このため、洗顔や化粧などの際も、肌を強くこすって摩擦を起こすようなことは避けましょう。そしてシミをつくる大きな刺激となる、紫外線についての対策を徹底します。紫外線は太陽光の強い夏季だけでなく、一年中降り注いでいるので、日頃から紫外線防止効果のある日焼け止めを使うことも大切です。帽子や日傘を用いるほか、肌を露出しないことも大事ですね。
また、肌の新陳代謝を促すためには、健康的な生活を心がける必要もあります。肌はもちろん身体細胞を回復させる十分な睡眠、代謝を高める栄養と食事をとれるように、生活習慣を見直してみましょう。バランスのとれた食生活を送っているか、そして抗酸化作用のあるビタミンCをはじめとするビタミンやミネラルなどを十分に摂っているかもチェックしてくださいね。出来てしまったシミ対策にもビタミンCは有効といわれています。