シミの悩みを解消できる食事

残念なシミ、食事でなんとかしましょう

紫外線を浴びるとできてしまうシミ。シミが出来ない様にUVケアや美白化粧品などで予防していても、年齢と共にいつの間にかこんなところにシミが!となることもしばしば。できてしまったシミを治すにはクリームなど外からだけではなく、内側からのケアも必要です。最近は医学の進歩により内服薬でいいものも出ていますが、普段食べている毎日の食事でケアすることもできます。そもそもシミとは、紫外線を浴び続けた細胞が異常にメラニン色素を作り続ける状態になってしまったものです。肌がいい状態になれば細胞も正常に戻り、新陳代謝も活発化、シミがだんだん無くなってくるということです。肌をいい状態にし、シミに効く食事にするためにはビタミンC、ビタミンEなどを多く含む食べ物を摂取するといい様です。

シミに効く食事とは?

まずはビタミンCです。ビタミンCはシミを作るメラニンの働きを直接阻害してくれます。こちらを多く含む食べ物としてはオレンジやキウイなどの果物類、ブロッコリーやピーマンなどの野菜類があげられます。ビタミンCは熱に弱いので、果物はそのまま、野菜はサラダなどで摂った方がいい様です。
次にビタミンEです。ビタミンEには、肌に有害な活性酵素を減らし、血行促進と肌を保護してくれる働きがあります。こちらを多く含む食べ物にはナッツ類、魚介類などがあります。
その他にも亜鉛やアミノ酸、βカロテンなど美肌に効果のある栄養素は肌の調子を整え、シミにも効果があります。これらの栄養素を十分に摂ってシミの悩みの解消にぜひ役立てましょう。